子供の目の健康を守りたい!一望百景は子供が摂取しても大丈夫?

「マイケアの一望百景を子供に飲ませても大丈夫?」

 

こんなことを疑問に感じていませんか?パソコンやスマホの普及により、子供のドライアイや眼精疲労、それから視力低下に悩まされる親がとても増えてきましたね。

 

一望百景は目のかすみや疲れ、ドライアイ、老眼などの予防&改善に役立つアイサプリとしても有名なのですが、果たして子供が飲んでも大丈夫なのか?というのは親としてすごく気になることと思います。

 

そこで、一望百景と子供の関係性について分かりやすく解説していきましょう!

 

目次

 

 

一望百景は子供向けのサプリメントではない!

タイトルですでに結論が出ているのですが、一望百景は子供向けのサプリメントではないということが調査の結果分かりました。

 

これに関してはマイケアのホームページで確認することができます。一望百景のページの「よくあるご質問」をずーっと見ていくと、最後の方に「妊娠中や授乳中の女性、もしくは子どもが飲んでも大丈夫ですか?」という質問が書かれているんです。

 

そして、その答えに書かれていることがこちらです。

妊娠中・授乳中の方でもお飲みいただけますが、妊娠中は普段よりもデリケートな時期ですので、ご心配な方はかかりつけのお医者様へご相談ください。また、子ども向けの製品ではありませんので、お子様の摂取はおすすめしておりません。

 

販売会社であるマイケアさんが「子供向けの製品ではない」と公表しているので、基本的には小さい子供に一望百景を飲ませるのは控えた方がいいと言えます。

 

 

子供に目のサプリメントは不要?それとも必要?

一望百景を子供に飲ませてあげたいと思っている人は、少なからず子供の眼病や視力の低下を心配しているからでしょう。

 

たしかに一望百景には、目に良い栄養素「ルテイン」「アントシアニン」が豊富に含まれています。そのためドライアイや眼精疲労、老眼などを気にする人には最高のアイサプリです。

 

しかし一望百景のようなアイサプリを、果たして子供が摂る必要あるのか?というのが本音ですよね。大人なら分かりますが、視力が安定しない子供には必要ないのでは?とも思います。

 

それに関しては様々な意見が飛び交っているんですが、いろいろと調べた結果、基本的には小さな子供にアイサプリは必要ないとの意見が多く見受けられました。

 

ただし中高生くらいになったら、日頃から意識してアイサプリは摂ってもいいかもしれませんね!勉強の量も一気に増えますし、視力も徐々に安定してきますからね。

 

 

【誤解してはいけないこと】一望百景で視力は回復しない!

子供に一望百景のようなアイサプリを探している親御さんの中に、必ずこんな人がいます。

 

「目のサプリを飲めば視力が良くなる!」

 

実は、一望百景や他のアイサプリで視力を回復させることはできません。なぜならこれらはすべて「栄養補助食品」だからです。

 

日頃から食事で補えない栄養素をサプリメントで補い、症状を緩和させたり予防したりするのが本来の目的となります。

 

視力を回復させたいならレーシックなどの手術をするしか他ないので、その辺りを誤解しないようにしましょう。

子供の目の健康を守るために日頃からできること

子供の近視や視力低下は遺伝的な要因もありますが、近年はスマホやゲームのし過ぎでなってしまう子供も非常に多いです。

 

一望百景などのアイサプリを利用するのもいいですが、まずは日頃からできることを優先して子供の目の健康を守りましょう。

子供の目の健康を守るためにも!
  • 暗いところで本を読まないこと
  • 何かを書くときは目を近づけすぎないこと
  • テレビやゲームを近くで見過ぎないこと
  • 長時間テレビ画面を見続けないこと
  • パソコンやスマホを長時間使用しないこと
  • 目を動かす機会を増やすこと
  • 目をこすらないこと
  • 栄養バランスのとれた食事をすること
  • 裸眼で紫外線を浴び続けないこと

 

日頃からこれらを意識して努力していれば、極端に視力が落ちたり、目が疲れやすくなったり、あるいはドライアイになってしまうことを予防することができます。

 

もし子供の眼精疲労やかすみ、ドライアイなどが酷いようでしたら、まずは眼科に行って医師に診てもらうことをおすすめします。その上で、一望百景などを飲んで栄養を補った方がいいのか?も相談してみるといいでしょう。

 

 

 

>>一望百景を実際に3か月間飲んだ私の口コミとその効果